解体工事業者の存在は不可欠|個人や法人からの需要

迅速な対応力

解体工事

解体工事を承る専門業者はスピーディーな作業をこなすことに尽力しています。建物の解体工事は当然のことながら素人には困難です。今ではお手頃な価格を提示する業者も増えてきているので頼りになるでしょう。

もっと見る

空き室の放置厳禁

ヘルメットを持つ人

土地や建物を所有している人は、所有している間はずっと税金の支払いを義務付けられます。その為、使用する予定が一切なければ売却するか解体工事をするかを選びましょう。

もっと見る

正しい業者選び法

作業員

自宅の解体工事を依頼するときは、丁寧な施工を約束する業者を選びたいものです。解体工事は個人からも法人からも高い需要を誇っている為、いくつも見つかるでしょう。依頼する前には口コミを見ておくことです。

もっと見る

業者の数増加

男女

解体工法の紹介と変遷

解体工事の長い歴史の中で、かつて主流となっていたのが転倒工法です。昔は現在と違って、機械が存在していません。当時は木造建築家がほとんどでしたので、この手法だけで解体工事を行うことができました。しかし、高度経済成長期に突入して以降、木造建築でない建物が増えました。現在では人件費も高騰していますので、この工法は次第に衰退していきます。それ以降、ハンドブレーカーやスチールボール、大型ブレーカー、圧砕、爆破解体といった工法が誕生しました。この中のスチールボール工法は一時期主流の工法でした。しかし、リサイクル法により仕分けが困難になり、現在ではほぼ用いられません。それ以外の工法が現在の解体工事の要となっているのです。

解体工事業界の未来図

解体工事業界の未来は明るい半面、課題も多くあります。長期的には解体業務が増え、成長が見込める市場です。その理由にアベノミクスや五輪招致があります。アベノミクスにより日本経済は良い方向に進んでいます。加えて、高度経済成長期で作られた築40年〜60年といった建造物も多く存在しています。これらの解体の需要を経済成長が後押ししています。五輪招致の成功も追い風です。この決定により、経済にもより気を配る形になりますので、今後も良好な状態が続くと考えられます。さらに、準備のために建替工事が活発化することが考えられます。あと、皮肉なことに、震災が起こったことにより、この業界の需要が拡大しました。しかし、良いことばかりではありません。この業界だけにいえることではないですが、増税や人件費の高騰に伴い、薄利になっています。加えて、需要があるにも関わらず人手が不足しています。さらに、場所によって需要が偏ることも考えられます。今後は外国人を雇う等の人手確保、独自の開拓ルートを作る等の利益改善の努力が必要です。